みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

組織学

組織学

 

(随時更新中)

組織学記事一覧

歯の萌出のメカニズム

歯槽骨の中に埋まっている歯は、どういったメカニズムで萌出していくのでしょうか。そこには主に、3つの力が働いているとお考え下さい。歯根膜線維が歯を引っ張り上げる歯根膜線維は、歯根にあるセメント質と固有歯槽骨とを結合しています。歯と骨をつなぐ役割を果たしているのです。ですから、歯の根元に歯根膜線維が形成...

≫続きを読む

 

象牙質橋(デンティンブリッジ)の構造

象牙質橋(デンティンブリッジ)とは象牙質橋はデンティンブリッジとも呼ばれる硬組織で、生活歯髄切断後に生じます。冠部歯髄を切断した後、歯根部歯髄を温存するために作られる組織です。歯髄壊死直下に生じる生活歯髄切断法で用いられる水酸化カルシウム糊剤を歯髄創面に貼すると、表在性の凝固壊死が起こります。その結...

≫続きを読む

 

第二象牙質と第三象牙質の違い

象牙質は3種類ある象牙質は、以下のように3つに分類することができます。・原生象牙質・第二象牙質(生理的第二象牙質)・第三象牙質(病的第二象牙質)原生象牙質は、歯根が完成されるまでに形成された象牙質で、歯の大部分を占めています。一方、第二象牙質と第三象牙質は歯根完成後に形成される象牙質です。ここで気に...

≫続きを読む

 

第二象牙質(生理的第二象牙質)

第二象牙質とは第二象牙質(secondary dentin)とは、歯根が完成した後に形成される象牙質です。生理的第二象牙質と呼ばれることもあり、文字通り生理的条件下で形成が促されます。つまり、加齢に伴って形成されていくため、誰にでも生じるものだとお考えください。第二象牙質が形成されるのは、歯髄腔内で...

≫続きを読む

 

第三象牙質(修復象牙質・補綴象牙質・病的第二象牙質)

第三象牙質とは第三象牙質(tertiary dentin)とは、歯根が完成された後に形成される象牙質です。この点は第二象牙質と全く同じなのですが、形成される原因が異なります。その原因の違いは、第三象牙質が病的第二象牙質と呼ばれていることからも伺い知ることができます。第三象牙質の形成要因第三象牙質は次...

≫続きを読む

 

象牙質粒(ゾウゲシツリュウ)

象牙質粒とは象牙質粒(denticle)とは、高齢者の歯髄によく見られる硬組織です。歯髄結石とも呼ばれ、加齢に伴って形成される象牙質とお考えください。第二象牙質や第三象牙質との違いは、その形態が粒(瘤)状であるという点を挙げることができます。また、形成される部位にも特徴があります。形成部位による分類...

≫続きを読む

 

不整象牙質(不正象牙質)

不整象牙質とは不整象牙質とは、加齢に伴って形成される、不完全な象牙質です。硬組織が外傷などで欠損したり、病的な刺激によって形成されるものではありません。形成される原因が加齢と聞くと、第二象牙質を思い浮かべてしまいますが、組織学的には第三象牙質に特徴が似ています。ですので、原生象牙質よりも未分化である...

≫続きを読む

 

マラッセの上皮遺残(ジョウヒイザン)

マラッセの上皮遺残とはマラッセの上皮遺残(Malasse epithelial rests)とは、ヘルトヴィッヒ上皮鞘が小塊状に分断されたものです。歯根が完成されたのちも歯小嚢付近に存在し続けているため「遺残」という名前が付けられています。大雑把に表現すると、歯根形成時に不要となった上皮組織の残骸と...

≫続きを読む

 

先天性ナスミス膜(歯小皮)

先天性ナスミス膜(歯小皮)とは先天性ナスミス膜とは、エナメル質表面を覆う、耐酸性有機性薄膜です。歯小皮と呼ばれることもあります。この膜は、歯が萌出すると、間もなく消失します。対合歯の接触による摩耗で失われるケースがほとんどです。・エナメル質表面の耐酸性有機性薄膜・ナスミス膜=歯小皮・萌出後に消失エナ...

≫続きを読む

 

ハウシップ窩

ハウシップ窩とはハウシップ窩とは、破骨細胞や破歯細胞によって分解・吸収された骨および歯の凹みです。破骨細胞や破歯細胞は、酸や加水分解酵素を分泌して、骨や歯の石灰化成分を分解・吸収します。その時できる吸収窩がハウシップ窩です。・破骨細胞や破歯細胞の活動で生じる・酸や加水分解酵素による石灰化物の分解、吸...

≫続きを読む

 

破歯細胞(ハシサイボウ)

破歯細胞とは破歯細胞とは、歯が吸収される際に現れる細胞で、英語で はodontoclast(オドントクラスト)といいます。ハウシップ窩を形成する、多核巨細胞です。細胞質内には、多数のミトコンドリアも確認できます。・歯が吸収される際に現れる細胞・odontoclast(オドントクラスト)・ハウシップ窩...

≫続きを読む

 

ホスホホリン(象牙質リンタンパク質)

ホスホホリンとはホスホホリンとは、象牙質に含まれる非コラーゲン性のタンパク質です。象牙質リンタンパク質とも呼ばれています。・象牙質に含まれる非コラーゲン性のタンパク質・象牙質リンタンパク質(別称)ホスホホリンの特徴ホスホホリンは、象牙質に含まれる非コラーゲン性タンパク質の約60%を占めています。構成...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company