みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ポンティック基底面に求められる要件

ポンティック基底面に求められる4要件

基底面形態に求められる4つの要件とは

 

ポンティックの基底面形態には、次の4つの要件が求められます。

 

・清浄性の維持

 

・咀嚼・構音機能の回復

 

・審美性の確保

 

・快適性の維持

 

清浄性の維持

 

ポンティックの清浄性は、次の2つによって維持されます。

 

・唾液、舌および頬の運動による自浄性

 

・ブラッシングによる清掃性

 

これらを達成するためには、ポンティック基底面形態と歯間空隙をどのように設定するかが重要となります。

 

基底面が欠損部に密着すると、炎症が起こりやすくなります。

 

ですので、接触面積はできるだけ小さくするか、欠損部と基底面に空間を形成すると、清浄性は高まるといえます。

 

また、使用する材料も清浄性に大きく関わってきます。

 

最も清浄性が高いのが陶材、次に金属、そしてレジンといった順番になっています。

 

陶材 > 金属 > レジン

 

咀嚼・構音機能の回復

 

咀嚼運動は、舌、口唇および頬が機能的に連動することで達成されます。

 

その際、ポンティックの頬舌面が食物の移送をスムーズに行えるような形態であることが重要となります。

 

構音機能に関しても、ポンティックの基底面形態が影響します。

 

できるだけ天然歯の形態に近い方が、構音機能を阻害しにくくなるといえます。

 

具体的には、前歯部の歯間空隙が大きいと、構音機能に悪影響が及ぶことが多いです。

 

・天然歯に近い基底面形態が良い

 

・前歯部の歯間空隙が大きいと悪影響を及ぼす

 

審美性の確保

 

ポンティックで審美性を確保するためには、自然観のある形態が重要となります。

 

頬(唇)側面の豊隆、歯頸線、歯間空隙に自然観が現れるよう設定しなければなりません。

 

また、顎堤とポンティックの位置関係も最適な位置に設定する必要があります。

 

ちなみに顎堤は、次のような方向に吸収が進んでいきます。

 

・上顎 → 唇・頬側

 

・下顎 → 舌側

 

その他、審美性を確保するという点では、陶材を使用することがベストであるといえます。

 

快適性の維持

 

ポンティックもブリッジの一部であり、常に口腔内に存在しているため、快適性が重要となります。

 

どれだけ機能的でも、不快感が強ければ補綴装置として欠陥があるといえます。

 

ブリッジ装着後に快適性を付与するためには、抜歯前の状態にどれだけ近づけることができるかが課題となります。

 

その条件として、次の2点を挙げることができます。

 

・歯間空隙は可及的に狭くする

 

・口蓋側からの立ち上がりは天然歯に近似した形態にする

 

以上の条件を満たすことで、抜歯で失われた形態を近似した形で回復することが可能となります。

 

ちなみに、ポンティックの基底部と欠損部が開き過ぎると、弄舌癖を誘発することがあります。

 

空隙があると、無意識のうちに舌を入れたくなるのです。

 

そういった点も考慮した上で、基底部の空隙は設定する必要があります。

 

 

ポンティック基底面に求められる要件 関連ページ

クラウン・ブリッジの目的と要件
開口・閉口運動を行う筋肉
即時義歯の利点と欠点
ポンティック基底面形態の分類【図】
ポンティックの補綴部位による分類【表】
Kennedy(ケネディ)の分類 【図】
Applegate(アップルゲート)の法則
Eichner(アイヒナー)の分類 【図】
エーカースクラスプ
リングクラスプ
ローチクラスプ
ダブルエーカースクラスプ(双子鉤)
RPIクラスプ
ヘアピンクラスプ
連続鉤(ケネディバー)
クラスプの種類(鋳造鉤)
バックアクションクラスプ
リバースバックアクションクラスプ
ハーフアンドハーフクラスプ
延長腕鉤
コンビネーションクラスプ
パラタルバーの形態と適応症
パラタルストラップの形態と適応症
パラタルプレートの形態と適応症
ホースシュープレートの形態と適応症
リンガルバーの形態と適応症
リンガルプレートの形態と適応症
リンガルエプロンの形態と適応症
外側バーの形態と適応症
選択的加圧印象(センタクテキカアツインショウ)
エピテーゼ
ヒーリングアバットメント
オルトンクラウン(オルトン金冠)
デンチャースペース(義歯の設置可能領域)
ドンダース空隙(クウゲキ)
DUMLの法則(ドゥムル法則)
MUDLの法則(ムドゥルのほうそく)
BULLの法則(ブルのほうそく)
フラビーガム
ポストクラウン〜歯冠継続歯
ブラックトライアングル
プロビジョナルレストレーション
ボクシング(歯科用語)
サベイライン
支台歯間線(シダイシカンセン)
フェルール
ピンレッジ
支台築造(シダイチクゾウ)
自動削合(ジドウサクゴウ)
生物学的幅径(セイブツガクテキフクケイ)
選択削合(センタクサクゴウ)
機能咬頭(キノウコウトウ)
部分被覆冠(ブブンヒフクカン)
部分被覆冠の種類
リジッドサポート
リテンションビーズ
リベース
リライン
ブロックアウト
リリーフ
アンダーカット
アンテの法則
カラーレスマージン
顆路(カロ)
筋圧形成(キンアツケイセイ)
合着(ゴウチャク)
グラスアイオノマーセメント(GIC)
クレピタス(クレピテーション)
ブラキシズム
グラインディング
クレンチング
タッピング
ダウエルピン
根面板(コンメンバン)
作業側(サギョウソク)
平衡側(ヘイコウソク)
レジンキャップ
ワイドセントリックオクルージョン
ロングセントリックオクルージョン
咬合挙上(コウゴウキョジョウ)
歯冠歯根比(シカンシコンヒ)
人工歯肉(ジンコウシニク)
支台築造法の種類と適応症
ダイナミック印象(動的印象)
テーパー(軸面傾斜角)
オーラルディアドコキネシス
加圧印象(カアツインショウ)
ガイドプレーン
解剖学的咬合器(カイボウガクテキコウゴウキ)
咬合高径(コウゴウコウケイ)
咬合堤(コウゴウテイ)
リンガライズドオクルージョン
パウンドライン
ノンパラレルピンテクニック
ノンメタルクラスプデンチャー
ニュートラルゾーン(筋圧中立帯)
ディンプル
テンチのコア(歯型)
切歯乳頭(セッシニュウトウ)
Cummer(カマー)の分類
小連結子(ショウレンケツシ)
モデリングコンパウンド
バクシネーターメカニズム
Jankelsonの分類(ジャンケルソンノブンルイ)
スパー
コンデンス(陶材の圧縮法)
インレー修復
サベイング
Duchange(デュシャンジュ)の指数
オルタードキャストテクニック
エマージェンスプロファイル
近心レスト
スケルトンデンチャー(バー義歯)
FGPテクニック
フルバランスドオクルージョン
両側性平衡咬合(リョウソクセイヘイコウコウゴウ)
分割復位式模型(ブンカツフクイシキモケイ)
歯槽頂間線(シソウチョウカンセン)
歯槽頂間線の法則
Simonの三平面
Simonの顎態診断法
移行義歯(イコウギシ)
アルコン型咬合器
コンダイラー型咬合器
堤状隆起(テンションリッジ)
側方顆路角(ベネット角)
ベネット運動
バイトゲージ
維持腕(イジワン)
チェックバイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company