みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯科材料の生体親和性・生体活性・生体許容性

歯科材料の化学的刺激分類

歯科材料の生物学的性質は、化学的刺激がどのように生体に及ぶかによって、以下の4つに分類することができます。

 

・生体親和性材料(=生体不活性材料

 

・生体内活性材料

 

・生体許容性材料

 

・細胞毒性材料

 

生体親和性材料と生体親和性材料は、同義語です。

 

生体親和性材料(=生体不活性材料

 

生体親和性材料には、以下のものが挙げられます。

 

・セラミック

 

・アルミナ

 

・ジルコニア

 

・チタン

 

・カーボン

 

このうち、ジルコニアとチタンはインプラント治療で活用されています。

 

生体活性材料

 

生体活性材料には、以下のものが挙げられます。

 

・生体ガラス

 

・ハイドロキシアパタイト

 

・第3リン酸カルシウム(βTCP)

 

・第4リン酸カルシウム(4CP)

 

・ポリ乳酸(PLA)

 

・ポリグリコール酸(PGA)

 

このうち、第3リン酸カルシウム(βTCP)、第4リン酸カルシウム(4CP)、ポリ乳酸(PLA)、ポリグリコール酸(PGA)は生体崩壊性材料とも呼ばれることがあります。

 

生体崩壊性材料とは、材料が生体内で崩壊し、生体と反応して吸収されるという意味です。

 

つまり、吸収性の材料ということです。

 

生体許容性材料

 

生体許容性には、以下のものが挙げられます。

 

・ニッケル

 

・コバルト

 

・パラジウム

 

・残留モノマー

 

これらの材料は、アレルギー反応が起こらないよう工夫することで、歯科治療に活用することができます。

 

そのため「許容性」という言葉が用いられているのです。

 

細胞毒性材料

 

・アスベスト

 

・ベリリウム

 

・フッ素酸

 

・水銀蒸気

 

これらの材料は、明らかに生体にとって有害ではありますが、歯科治療のプロセスで発生する可能性があるため注意が必要です。

 

例えば、ベリリウムであれば、Ni-Cr溶解時に発生し、フッ素酸は陶材の溶解時やエッチングの際に発生します。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company