みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

【WHO】歯原性腫瘍の分類【2017年改訂版】

歯原性腫瘍の分類

歯原性腫瘍の分類は、2017年に改定されました。

 

良性歯原性腫瘍の分類は以下の表の通りです。

 

分類

疾患

良性上皮性歯原性腫瘍

・エナメル上皮腫
・転移性エナメル上皮腫
・扁平歯原性腫瘍
・石灰化上皮性歯原性腫瘍
・腺腫様歯原性腫瘍

良性上皮間葉混合性歯原性腫瘍

・エナメル上皮線維腫
・原始性歯原性腫瘍
・歯牙腫
・象牙質形成性幻影細胞腫

良性間葉性歯原性腫瘍

・歯原性線維腫
・歯原性粘液腫
・歯原性粘液線維腫
・セメント芽細胞腫
・セメント質形成線維腫

 

2005年分類と2017年分類の違い

 

2017年分類では、以下の点が変更となっています。

 

・4分類から簡潔な3分類に改訂

 

・「骨関連病変」は独立して「線維骨性ならびに骨軟骨様病変」に規定

 

・角化嚢胞性歯原性腫瘍は「歯原性角化嚢胞」として嚢胞分類に移動

 

・石灰化嚢胞性歯原性腫瘍は「石灰化歯原性嚢胞」として嚢胞分類に移動

 

・「セメント質形成線維腫」が良性間葉性歯原性腫瘍に追加

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company