みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

炎症の種類

病態に応じた炎症の分類

炎症は以下の通り、病態に応じて5種類に分けることができます。

 

・変質性炎

 

・滲出性炎

 

・増殖性炎

 

・肉芽腫性炎

 

・アレルギー性炎

 

それぞれの炎症の特徴

 

変質性炎

 

組織の変性、壊死を主体とする炎症です。

 

ex) 劇症肝炎

 

滲出性炎

 

循環障害と滲出が顕著にみられる炎症です。

 

急性炎症では滲出性炎が主体となります。

 

そんな滲出性炎は以下の通り、さらに細かく分類できます。

 

・漿液性炎

 

・カタル性炎

 

・線維素性炎(偽膜性炎)

 

・化膿性炎

 

・出血性炎

 

・壊疽性炎(腐敗性炎)

 

増殖性炎

 

活性化した線維芽細胞と毛細血管内皮細胞の増殖が顕著にみられる炎症です。

 

ex)ガレーの骨髄炎

 

肉芽腫性炎

 

特定の病原体が特異な肉芽組織を形成する炎症です。

 

ex)放線菌症、口腔結核、口腔梅毒、ハンセン病、サルコイドーシス、クローン病

 

 

好酸球が顕著に増殖する炎症です。

 

ex)接触性口内炎

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company