みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

Scammonの発育曲線

Scammon(スキャモン)の発育曲線

小児の体を理解する上で、各臓器がどう成長していくのかを知っておくのは重要です。

 

そこで、Scammon(スキャモン)の発育曲線についてご紹介します。

 

この曲線を見れば、何歳の段階で、それぞれの臓器がどういう発育状態にあるのかがひと目でわかります。

 

Scammon(スキャモン)の発育曲線は、以下の4つに分類されています。

 

・リンパ系型

 

・神経系型

 

・一般系型

 

・生殖系型

 

sccamoncurve

 

この図は、20歳になった段階の臓器の成長量を100%としています。

 

それを踏まえて、各タイプの特徴を見ていきましょう。

 

リンパ系型

 

リンパ系型には、胸腺、リンパ線、扁桃が含まれています。

 

スパートがかかるのは、幼児期後半(6歳ごろ)で、神経系よりは遅いです。

 

ピークは12歳ごろで、成人の2倍に達します。

 

その後は、徐々に縮小していき、100%に落ち着きます。

 

神経系型

 

神経系型には、脳、脳頭蓋骨、脊髄、視覚器(眼)が含まれています。

 

スパートがかかるのは、4つの中で最も早いです。

 

ピークは8歳ごろで、そこからはほぼ増加は見られなくなります。

 

一般系型

 

一般系型には、骨格、筋肉、循環器、消化器、顎骨、顔面頭蓋、動脈、静脈、血液が含まれています。

 

S字カーブを描くのが特徴です。

 

生殖系型

 

生殖系型には、精巣、卵巣、性器が含まれています。

 

スパートがかかるのは12歳以降で、4つの中で最も遅いです。

 

二次性徴の時期を考えたら、理解しやすいかと思います。

 

 

Scammonの発育曲線 関連ページ

リーウェイスペース(Leeway space)
霊長空隙と発育空隙
トリーチャーコリンズ症候群(下顎顔面異骨症)
マッキューン・オルブライト症候群
レックリングハウゼン病(神経線維腫症T型)
ピエール・ロバン症候群の原因と症状
大理石骨病(アルベルス・シェーンベルグ病)
Beckwith-Wiedemann(ベックウィズ-ウィーデマン)症候群
パピヨン-ルフェーブル症候群の原因と症状
シルバーラッセル症候群の原因と症状
生歯困難(セイシコンナン)
ターミナルプレーン
ベドナーアフタ(Bednar aphtha)
リガフェーデ病
無汗型外胚葉異形成症(ムカンガタガイハイヨウイケイセイショウ)
フッ化ジアンミン銀(サホライド)
ロバンシークエンス(ロバン続発症)
先天性表皮水疱症
アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)
アデノイド顔貌
みにくいあひるの子の時代
乳歯冠・乳歯用既製冠
ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群
オーラルスクリーン
鎖骨頭蓋異形成症(サコツトウガイイケイセイショウ)
基底細胞母斑症候群
加生歯(カセイシ)
ケルビズム
乳歯のインピーダンス測定値【露髄の目安】
顎間空隙(ガッカンクウゲキ)
哺乳ビンう蝕(ホニュウビンウショク)
クラウンループ
小児義歯(ショウニギシ)
可撤保隙装置(カテツホゲキソウチ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company