みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯髄疾患(13)

歯髄疾患

歯髄疾患に関するコンテンツです。

 

歯髄充血から歯髄炎、歯髄の退行性変化に至るまでを詳しく解説していきます。

歯髄疾患(13)記事一覧

歯髄充血の原因と症状

歯髄充血とは歯髄充血とは、歯髄の中に存在している血管に、血液が溜まった状態を指します。この状態が長く続くと、やがて歯髄炎へと進行していきます。ですから、歯髄充血は歯髄炎の前駆症状と捉えることができます。歯髄充血は、典型的な可逆性変化ですので、早目に治療を行えば、歯髄炎を発症せずに済ませることができま...

≫続きを読む

 

急性単純性歯髄炎の原因と症状

急性単純性歯髄炎とは急性単純性歯髄炎とは、歯髄充血から移行したもので、非感染性の急性歯髄炎です。病理学的には、急性漿液性歯髄炎という名称が使われています。文字通り、漿液の滲出が著しく、象牙芽細胞の変性や委縮が確認できます。急性単純性歯髄炎は、一部性と全部性に分けることができ、以下のような違いがありま...

≫続きを読む

 

急性化膿性歯髄炎の原因と症状

急性化膿性歯髄炎とは急性化膿性歯髄炎には、一部性と全部性の2つにわけることができます。これは、急性単純性歯髄炎と同じですね。というのも、急性単純性歯髄炎に細菌感染が加わることで発症するのが、急性化膿性歯髄炎だからです。そのため、歯髄には化膿性の炎症が生じます。また、不可逆性の歯髄炎であることも重要な...

≫続きを読む

 

急性壊疽性歯髄炎の原因と症状

急性壊疽性歯髄炎とは急性壊疽性歯髄炎とは、歯髄に壊疽性の炎症が起こる病態です。つまり、歯髄が壊死を起こした後、さらに腐敗菌が感染し、壊疽を起こすのです。嫌気性の腐敗菌が関与することがほとんどです。また、急性壊疽性歯髄炎では、歯髄のほぼ全てが腐敗しており、元の形を留めていません。壊死と壊疽の違いここで...

≫続きを読む

 

慢性潰瘍性歯髄炎の原因と症状

露髄すると慢性開放性歯髄炎へう蝕を放置していると、エナメル質を溶かし、象牙質を経て、やがては歯髄腔にまで到達します。そうして露髄すると歯髄炎が慢性開放性歯髄炎へと移行します。この慢性開放性歯髄炎には、以下の2種類が存在しています。・慢性潰瘍性歯髄炎・慢性増殖性歯髄炎ここでは、慢性潰瘍性歯髄炎について...

≫続きを読む

 

慢性増殖性歯髄炎の原因と症状

慢性増殖性歯髄炎とは慢性増殖性歯髄炎とは、慢性開放性歯髄炎の一種です。歯髄炎が慢性化して、露出したう窩から肉芽化した歯髄組織がはみ出すため、その症状を肉眼で確認できることもあります。これを外向性のポリープといい、歯髄息肉(しずいそくにく)という名称で呼ばれることもあります。若年者のように、生活力が旺...

≫続きを読む

 

慢性閉鎖性歯髄炎の原因と症状

慢性閉鎖性歯髄炎とは慢性閉鎖性歯髄炎とは、歯髄腔と口腔との交通がないにも関わらず、歯髄に慢性的な炎症が生じている状態です。そのため「閉鎖性」という言葉が使われています。慢性閉鎖性歯髄炎の原因慢性閉鎖性歯髄炎の原因は、細菌性毒素などによる慢性的な刺激です。露髄することなく、閉鎖された歯髄腔の中で、炎症...

≫続きを読む

 

上行性歯髄炎の原因と症状

上行性歯髄炎とは上行性歯髄炎では、髄管や根尖孔から細菌が侵入して、歯髄に感染が起こります。本来の歯髄炎は、歯冠部にう蝕が生じて、そこから歯髄へと細菌が進行していきます。ですから、上行性歯髄炎は逆方向から感染が起こると言えるため、わざわざ「上行性」という名前がついているのです。「上昇性歯髄炎」と呼ばれ...

≫続きを読む

 

特発性歯髄炎の原因と症状

特発性歯髄炎とは特発性歯髄炎とは、原因のわからない歯髄炎のことを指します。「特発性」という、何やら難しい言葉が使われていますが、原因不明と理解して下さい。特発性歯髄炎の原因上記の通り、特発性歯髄炎の原因は不明です。特発性歯髄炎の症状特発性歯髄炎の症状は、突然訪れる原因不明の疼痛です。何がきっかけで疼...

≫続きを読む

 

歯の内部吸収の原因と症状

歯の内部吸収とは歯の内部吸収とは、歯質が歯髄腔側から溶けていくことです。本来、歯質が吸収するのは、外部からですよね。う蝕によって、エナメル質及び象牙質が溶かされ、歯髄へと至ります。けれども、歯の内部吸収では、内側から歯質が溶けていくのです。歯の内部吸収の原因歯の内部吸収の原因には、まず外傷を挙げるこ...

≫続きを読む

 

歯髄の加齢的変化

歯髄の加齢的変化とは歯髄の加齢的変化は、25歳くらいから起こり始めます。加齢的変化と聞くと、かなり高齢になってからをイメージしがちですが、歯髄の場合は若い時期から始まるのです。これは、歯の形成が完了してからしばらく経つと、始まるものと考えられます。歯髄の加齢的変化には、以下のようなものがあります。・...

≫続きを読む

 

歯髄壊死の原因と症状

歯髄壊死とは歯髄壊死とは、細菌感染を伴わない歯髄の失活です。歯髄炎が進行して、炎症が歯髄全体へと波及することで歯髄の壊死へと至ります。歯髄壊死の原因歯髄壊死の原因では、まず歯髄炎を挙げることができます。歯髄に生じた炎症を起因として、循環障害が起こり、慢性閉鎖性歯髄炎などを引き起こします。その後、退行...

≫続きを読む

 

歯髄壊疽の原因と症状

歯髄壊疽とは歯髄壊疽とは、歯髄が壊死した後に細菌感染が加わった病態です。感染するのは嫌気性細菌(腐敗菌)であるため、歯髄腔内の物質を発酵させ、腐敗臭を放ちます。歯髄が腐ってしまっているので、当然、それなりの臭いが出てきますよね。歯髄壊疽の原因歯髄壊疽の原因は、先ほど述べたように、嫌気性細菌への感染で...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company