みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

咬合異常(歯列不正)の種類と症状

咬合異常の種類〜上下歯列弓関係の異常

咬合異常とは

 

咬合異常とは、上顎と下顎の咬み合わせに異常がある状態です。

 

その原因は、主に上下歯列弓の位置関係や形態の異常にあります。

 

咬合異常の種類

 

咬合異常には、次の6種類があります。

 

上顎前突

 

下顎前突

 

切端咬合

 

過蓋咬合(ディープバイト)

 

交叉咬合(クロスバイト)

 

開咬(オープンバイト)

 

咬合異常の症状

 

それぞれの種類に応じて、咬合異常の症状は異なります。

 

詳細については個別ページで解説しますので、ここでは大まかな説明だけ記載します。

 

上顎前突

 

上顎前突とは、上顎前歯が下顎前歯よりも著しく前方に突出している状態です。

 

いわゆる出っ歯と呼ばれる症状がこれに当たります。

 

下顎前突

 

下顎前突とは、下顎前歯が上顎前歯よりも著しく前方に突出している状態です。

 

いわゆる受け口と呼ばれている症状がこれに当たります。

 

切端咬合

 

切端咬合とは、上下顎の前歯部が、お互いの切縁で接触している状態です。

 

一見すると綺麗に咬み合っているように見えますが、健全な歯列というのは、上顎の前歯が下顎の前歯に数mm程度被さっているものなのです。

 

過蓋咬合

 

過蓋咬合とは、上顎の前歯が下顎の前歯に過剰に被さっている状態です。

 

上下顎前歯の被蓋関係が垂直的に著しく深くなった状態といえます。

 

交叉咬合

 

上顎歯列弓が下顎歯列弓に対して、左側あるいは右側に偏位している状態です。

 

専門的に鋏状咬合(シザーズバイト)と呼ばれることもあります。

 

開咬

 

開咬とは、上下顎の歯が臼歯部では咬合していて、小臼歯部から前歯部にかけて咬合していない状態です。

 

ですので正面から見ると、前歯部から小臼歯部に欠けて、上下歯列間に空隙が見て取れます。

 

同じような用語に開口(カイコウ)というものがありますが、こちらは単に口を開くことを意味していますので、混同しないようにしましょう。

 

 

咬合異常(歯列不正)の種類と症状 関連ページ

循環障害(虚血と充血とうっ血)
歯髄の変性
出血の種類
個々の歯の位置異常
歯の傾斜
歯の捻転(ネンテン)
アンキローシス(骨性癒着)
逆生歯(ギャクセイシ)
移転歯(イテンシ)
上皮異形成の特徴と診断基準
サルコイドーシス(肉芽腫性疾患)
フォーダイス斑の症状と原因
歯髄の色素変性
肉芽組織(ニクゲソシキ)
石灰変性(セッカイヘンセイ)
硝子様変性(ショウシヨウヘンセイ)
空胞変性(クウホウヘンセイ)
脂肪変性(シボウヘンセイ)
退行性変化(タイコウセイヘンカ)
滲出機転(シンシュツキテン)
先天性梅毒による歯の形成不全(フルニエ歯・ハッチンソン歯)
ハッチンソン歯の症状と組織像【画像】
フルニエ歯(ムーン歯)の症状と組織像
過蓋咬合(カガイコウゴウ)〜ディープバイト
交叉咬合(コウサコウゴウ)〜クロスバイト
開咬(カイコウ)〜オープンバイト
上顎前突(ジョウガクゼントツ)の症状と分類
下顎前突(カガクゼントツ)の症状と分類
切端咬合(セッタンコウゴウ)の原因と症状
パパニコロウ分類(細胞診)
中心結節(チュウシンケッセツ)
ピンク歯
口角炎・口角びらん・口角潰瘍
黄色環(カドミウムリング)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company