みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)

固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)

固定源の部位による分類

 

矯正治療では、固定源をどこに設置するかによって、以下の3つに分類することができます。

 

・顎内固定

 

・顎間固定

 

・顎外固定

 

固定装置がひとつの顎に限局しているのか、上下の顎にまたがっているのか、あるいは顎の外に置かれているのかによって分類しています。

 

顎内固定

 

顎内固定では、固定源と移動歯が同じ部位に存在しています。

 

矯正装置も移動させる歯も、同じ顎内にあるとも言えます。

 

顎内固定の装置には、以下のようなものがあります。

 

・マルチブラケット装置

 

・リンガルアーチ(舌側弧線装置)

 

・床装置

 

顎間固定

 

顎間固定では、固定源と移動歯が別々の顎にあります。

 

固定源を対顎に求めるという言い方をすることもできます。

 

この点が、顎内固定と異なるポイントと言えます。

 

顎内も顎間も口腔内で完結する処置ですが、上下の顎にまたがるかどうかの違いがあるのです。

 

顎間固定の装置には、以下のようなものがあります。

 

・U級エラスティックゴム

 

・V級エラスティックゴム

 

・垂直エラスティックゴム

 

・交叉ゴム

 

顎外固定

 

顎外固定では、固定源が口腔外にあります。

 

つまり、口腔内にある歯や顎の骨ではなく、外部に固定源を求めることとなります。

 

そのため、以下のような大掛かりな装置を必要としまうs。

 

・ヘッドギア

 

・チンキャップ(オトガイ帽装置)

 

・上顎前方牽引装置

 

固定源と抵抗源の違い

 

固定源の部位による分類について学習していると、固定源と抵抗源という言葉が出てくることがあります。

 

一見すると、それぞれ別の意味を持っているように思えます。

 

けれども固定源と抵抗源に違いはありません

 

どちらも同じ意味を表しています。

 

例えば、大学の講義などを聞いていて、抵抗源を移動歯と認識してしまうこともありますが、そうなると厄介ですのでご注意してください。

固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外) 関連ページ

口腔習癖
矯正力の作用時間(持続的・断続的・間歇的)
アーチレングスディスクレパンシーの求め方
トータルディスクレパンシーの求め方
矯正装置の種類
ヘッドギアの構造と使用目的
リップバンパーの使用目的と副作用
アングル(Angle)の分類
歯の移動様式
差動矯正力(サドウキョウセイリョク)
アクチバトールの適応症と禁忌症
U級用アクチバトール
V級用アクチバトール
タングクリブの構造と使用目的
フレンケル装置の使用目的と適応症
ナンスのホールディングアーチ
スライディングプレート
二態咬合(ニタイコウゴウ)〜デュアルバイト
上顎前方牽引装置〜プロトラクター
オーバーコレクション
予測模型(ヨソクモケイ)
トゥースサイズレイシオ
平行模型(ヘイコウモケイ
連続抜去法(レンゾクバッキョホウ)
スピーの彎曲(ワンキョク)
下顎角(カガクカク)
鋏状咬合(ハサミジョウコウゴウ)
ANB角
トゥースポジショナー
咬合斜面板(コウゴウシャメンバン)
HIP平面(ヒップヘイメン)
重ね合わせ法(セファロ分析)
Y軸角(ワイジクカク)
タイポドント
鞍状歯列弓(アンジョウシレツキュウ)
セプトトミー
顎態模型(ガクタイモケイ)
バイオネーター
セクショナルアーチ
サードオーダーベンド
スペースリゲーナー
犬歯間保定装置(ケンシカンホテイソウチ)
加強固定(カキョウコテイ)
加強固定に使われる矯正装置
自然的保定(シゼンテキホテイ)
ガミースマイル
急速拡大装置
構成咬合器(コウセイコウゴウキ)
本格矯正(ホンカクキョウセイ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company