みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

アーチレングスディスクレパンシーの求め方

アーチレングスディスクレパンシーの求め方

アーチレングスディスクレパンシーとは

 

アーチレングスディスクレパンシー(arch length discrepancy)とは、歯列弓の大きさと歯の大きさの不調和を指します。

 

私たちの歯は、顎の骨という決まったスペースに、決まった本数だけ並べる必要があります。

 

これがもし、歯列弓が小さすぎたり、歯のサイズが大きすぎたりすると、28本(智歯を含めると32本)の歯が収まり切らなくなりますよね。

 

その結果生じるのが「叢生(discrepancy)」であったり、「八重歯」であったりするのです。

 

ですので、以下の2つが適切でなければ、歯列不正を招くこととなります。

 

・歯列弓の大きさ

 

・歯の大きさ

 

この2つをさらに専門的な言葉に置き換えると、以下のようになります。

 

アベイラブルアーチレングス(abailable arch length)

 

両側第一大臼歯近心面から前方の歯槽部に、正常な排列として利用できる歯列弓周長

 

→ 歯列弓の大きさに相当

 

リクワイアドアーチレングス(required arch length)

 

両側第二小臼歯から前方の10歯の歯冠幅径の総和

 

→ 歯の大きさに相当

 

アーチレングスディスクレパンシーの求め方

 

アーチレングスディスクレパンシーの値は、以下の式の通り、アベイラブルアーチレングスとリクワイアドアーチレングスの差によって求めることができます。

 

アーチレングスディスクレパンシー =

 

アベイラブルアーチレングス − リクワイアドアーチレングス

 

その結果、値がマイナスであればスペース不足となるため、叢生であることが多いです。

 

この場合、歯列を拡大するなり、スペースを確保する為に抜歯を行うこともあります。

 

一方、値がプラスであればスペースが余っていることになります。

 

ですので、空隙歯列となります。

 

つまり、アーチレングスディスクレパンシーというのは、プラスだから良いということにはならないのです。

 

正常な歯列を獲得するためには、歯と歯列弓の大きさが適切であることが重要なのです。

 

値がマイナス → 叢生

 

値がプラス  → 空隙歯列

アーチレングスディスクレパンシーの求め方 関連ページ

口腔習癖
矯正力の作用時間(持続的・断続的・間歇的)
固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)
トータルディスクレパンシーの求め方
矯正装置の種類
ヘッドギアの構造と使用目的
リップバンパーの使用目的と副作用
アングル(Angle)の分類
歯の移動様式
差動矯正力(サドウキョウセイリョク)
アクチバトールの適応症と禁忌症
U級用アクチバトール
V級用アクチバトール
タングクリブの構造と使用目的
フレンケル装置の使用目的と適応症
ナンスのホールディングアーチ
スライディングプレート
二態咬合(ニタイコウゴウ)〜デュアルバイト
上顎前方牽引装置〜プロトラクター
オーバーコレクション
予測模型(ヨソクモケイ)
トゥースサイズレイシオ
平行模型(ヘイコウモケイ
連続抜去法(レンゾクバッキョホウ)
スピーの彎曲(ワンキョク)
下顎角(カガクカク)
鋏状咬合(ハサミジョウコウゴウ)
ANB角
トゥースポジショナー
咬合斜面板(コウゴウシャメンバン)
HIP平面(ヒップヘイメン)
重ね合わせ法(セファロ分析)
Y軸角(ワイジクカク)
タイポドント
鞍状歯列弓(アンジョウシレツキュウ)
セプトトミー
顎態模型(ガクタイモケイ)
バイオネーター
セクショナルアーチ
サードオーダーベンド
スペースリゲーナー
犬歯間保定装置(ケンシカンホテイソウチ)
加強固定(カキョウコテイ)
加強固定に使われる矯正装置
自然的保定(シゼンテキホテイ)
ガミースマイル
急速拡大装置
構成咬合器(コウセイコウゴウキ)
本格矯正(ホンカクキョウセイ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company