みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ヘミセクションの適応と術式

ヘミセクションの適応と術式

ヘミセクションとは

 

ヘミセクション(hemisection)とは、問題が生じた歯根を切断する治療法です。

 

問題というのは、歯根の破折や穿孔などです。

 

歯根が2つある下顎大臼歯に適用され、どちらか一方のみを切断するためヘミ(半分)という名称がつけられています。

 

切断されるのは、保存処置が不可能と判断された歯根です。

 

もう片方の歯根は保存可能であるため、事前に根管充填を行います。

 

ヘミセクションの適応

 

ヘミセクションは、下顎大臼歯に適用されます。

 

上顎大臼歯に適用されるのはトライセクションです。

 

ヘミセクションの術式

 

ヘミセクションの術式は、生活歯と失活歯で異なります。

 

生活歯

 

術前に麻酔抜髄法を施す

 

失活歯

 

感染根管治療(必要に応じて)

 

ヘミセクションでは、術中や術後にはフラップ手術を併用することが望ましいです。

 

また、最終的には隣在歯とのブリッジで、補綴処置を施すことが多いです。

 

ヘミセクションは予後が悪い!?

 

ヘミセクションというのは、歯を半分に割る処置ですので、かなり無理をしています。

 

ですから、予後が悪いケースが多く、それなりに難しい処置と言えます。

 

ですので臨床の現場では、その場しのぎの治療となることも少なくありません。

 

抜歯せずに済ませられるよう、最善策として適用されますが、予後が悪ければ結局抜歯に至ることもあります。

ヘミセクションの適応と術式 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company