みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯周ポケット掻爬術

歯周ポケット掻爬術の目的と適応

歯周ポケット掻爬術とは

 

歯周ポケット掻爬術とは、スケーラーを使って歯周ポケット内を掻爬する歯周外科処置です。

 

炎症を起こしているポケット内壁の上皮と肉芽組織を取り除き、歯根面も平滑化します。

 

そうすることで歯周ポケットを減少させ、上皮を再付着させることが目的です。

 

歯周ポケット掻爬術の適応

 

歯周ポケット掻爬術は、次のような症例に適応されます。

 

・炎症による浮腫性の歯肉

 

・比較的浅い骨縁上ポケット

 

・歯周基本治療における中等度もしくは高度の歯周疾患で外科処置を要する場合

 

・全身疾患があるために高度の外科処置を適応出来ない場合

 

歯周ポケット掻爬術の禁忌

 

歯周ポケット掻爬術の禁忌は次の通りです。

 

・急性症状を有する場合

 

・線維性増殖が顕著な場合

 

・複雑で深い骨縁下ポケットを有する場合

 

・施術することで付着歯肉が減少する場合

 

 

歯周ポケット掻爬術 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company