みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

口腔底癌の症状と治療法

口腔底癌の症状と治療法

口腔底癌とは

 

口腔底癌とは、口腔底に発生する悪性腫瘍です。

 

全ての口腔癌の3〜5%を占める病気です。

 

欧米ではさらに発生率が高く、16〜20%となっています。

 

発生初期には、小潰瘍を伴う硬結が現れます。

 

・全口腔癌の3〜5%

 

・小潰瘍を伴う硬結を肉眼で確認

 

口腔底癌の好発年齢

 

口腔底癌は、30〜60歳代に好発し、男女比は3:1です。

 

30代などの若年者にも、比較的発症しやすい口腔癌です。

 

・30〜60歳代に好発

 

・男女比は3:1

 

・若年者も発症

 

口腔底癌の好発部位

 

口腔底癌は、舌との接合部の口腔底に好発します。

 

具体的には、小臼歯部以降の側方口底部に悪性腫瘍が発生します。

 

・小臼歯部以降の側方口底部に好発

 

口腔底癌の症状

 

口腔底癌は、発生初期に小潰瘍を伴う硬結が現れます。

 

外向性および浸潤性の潰瘍が形成され、増殖していきます。

 

舌や舌側歯肉唾液腺には早期に浸潤します。

 

また、リンパ節に転移する確率が高く、とりわけオトガイ下リンパ節、顎下リンパ節への転移が多いです。

 

・初期に小潰瘍を伴う硬結

 

・外向性および浸潤性の潰瘍

 

・早期の浸潤

 

・オトガイ下リンパ節、顎下リンパ節への転移

 

口腔底癌の組織像

 

口腔底癌は、やや低分化の扁平上皮癌が多く見られます。

 

その他、腺癌や中等度の分化癌なども見られます。

 

 

口腔底癌の治療法

 

口腔底癌には、放射線療法と外科療法が適用されます。

 

ただし、口腔底は耐容線量が低いため、放射線療法では軟組織が壊死しやすい傾向にあります。

 

ですので、骨浸潤を伴う口腔底癌にはあまり適用されず、表在性のケースに組織内照射が行われます。

 

外科療法は、口腔底全摘出と再建処置がスタンダードです。

 

・放射線療法(表在性への組織内照射)

 

・全摘出+再建処置

 

 

口腔底癌の症状と治療法 関連ページ

炎症の5徴候
咬筋肥大症の原因と治療法
シェーグレン症候群の原因と症状
シェーグレン症候群の診断基準と治療法
前癌病変(ゼンガンビョウヘン)
前癌状態(ゼンガンジョウタイ)
前癌病変と前癌状態の違い
紅板症の症状と治療法
臨床診断名と病理診断名の違い
唾液腺の炎症を伴う6疾患
巨細胞封入体症の原因と病理
手足口病の原因と症状
ヘルパンギーナの原因と症状
エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変
口腔がん〜発生率・好発年齢
口腔がんの原因
口腔がんの種類
TNM分類
口腔がんのステージ分類
エナメル上皮腫の原因と症状
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)
歯肉がんの症状と治療法
頬粘膜癌の症状と治療法
口唇癌の症状と治療法
硬口蓋癌の症状と治療法
白板症(ハクバンショウ)
智歯周囲炎(チシシュウイエン)〜Perico(ペリコ)
スタビライゼーションスプリント
ガマ腫(ラヌーラ)
静止性骨空洞(セイシセイコツクウドウ)
疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)
脈瘤性骨嚢胞(ミャクリュウセイコツノウホウ)
Ellisの分類(エリスノブンルイ)
Frey症候群(フライショウコウグン)
バーニングマウス症候群
含歯性嚢胞(ガンシセイノウホウ)
外骨症(ガイコツショウ)
鼻口蓋管嚢胞(ビコウガイカンノウホウ)
キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎)
懸垂縫合(ケンスイホウゴウ)
テトラサイクリン変色歯
オクルーザルスプリント
下顎孔伝達麻酔(カガクコウデンタツマスイ)
クインケ浮腫
黒毛舌(コクモウゼツ)
プランマー・ビンソン症候群
溝状舌(コウジョウゼツ)
サクソンテスト
スタージ・ウェーバー症候群
軟口蓋挙上装置
抜歯窩の治癒過程
挺子(テイシ)
下顎枝矢状分割術(SSRO)
唾石症(ダセキショウ)
唾石の摘出法(口内法と口外法)
唾疝痛(ダンセンツウ)
ブランディンヌーン嚢胞
メルカーソン・ローゼンタール症候群
石灰化上皮性歯原性腫瘍
歯原性腫瘍(シゲンセイシュヨウ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company