みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

スミヤー層

スミヤー層

スミヤー層とは

 

スミヤー層とは、象牙質を回転切削した際に形成される「傷」のようなものです。

 

本来、象牙質は象牙細管が整然と並んでいますが、そこに回転切削器具をあてると、表面がボロボロになってしまいます。

 

その結果、象牙細管は封鎖されます。

 

象牙細管の中には、切削片や細菌、コラーゲンが2〜5μmほど入り込んでいます。

 

・切削片

 

・細菌

 

・コラーゲン

 

また、象牙質の表面にもこうした物質が固着され、スミヤー層が形成されていきます。

 

スミヤー層全体の厚さはおよそ10μm以下となっています。

 

そのうち、象牙細管にまで入り込んでいるものが2〜5μmで、これをスミヤープラグと呼んでいます。

 

スミヤー層は接着操作の邪魔になる

 

このように、沢山の異物が象牙質の表面に固着していると、接着操作に支障をきたしてしまいます。

 

ですから、保存修復を行う上で、スミヤー層は除去する必要があるのです。

 

ただ、スミヤー層は水で洗ったり、オキシドール(3%過酸化水素水)で洗浄しても除去することができません。

 

そこで用いられるのがリン酸、クエン酸、マレイン酸、EDTAなどです。

 

・リン酸

 

・クエン酸

 

・マレイン酸

 

EDTA(エデト酸)

 

つまり、酸処理を施すことによって、スミヤー層を除去することができるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company