みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

IPC法

IPC法(暫間的間接覆髄法)の手順と適応症

IPC法の目的と手順

 

IPC法(暫間的間接覆髄法)では、罹患象牙質を意図的に残し、残置罹患象牙質の無菌化、再石灰化、および第三象牙質の形成誘導をはかる覆髄法です。

 

そうすることで露髄を回避し、歯髄を温存することを目的としています。

 

既存の間接覆髄法では1回の処置で感染象牙質の徹底除去を行いますので、この点でIPC法(暫間的間接覆髄法)は大きく異なるといえます。

 

・罹患象牙質を意図的に残す

 

・残置罹患象牙質の無菌化、再石灰化

 

・第三象牙質の形成誘導

 

IPC法の適応症

 

IPC法(暫間的間接覆髄法)の適応症は、罹患歯質除去時に露髄の危険性の高い深在性う蝕です。

 

ただし、歯髄は臨床的に健康、または可逆性の歯髄炎であることが必要条件となっています。

 

もしも自発痛やその既往がある場合は適応から外れます。

 

・罹患歯質除去時に露髄の危険性の高い深在性う蝕

 

・健康な歯髄、可逆性の歯髄炎であることが条件

 

・自発痛がある場合は適応除外

 

IPC法の特徴と材料

 

IPC法(暫間的間接覆髄法)では、水酸化カルシウム製剤、あるいはタンニン・フッ化物剤配合ポリカルボキシレートセメントを残置した感染象牙質に一定期間貼付し、リエントリーすることにより段階的にう蝕を除去します。

 

これにより歯髄は保存され、通常の露髄をきたさず行われたう蝕完全除去と同様に、正常な状態を保つことが可能となります。

 

ちなみに、若年者の永久歯においてはその成功率は高いと考えられています。

 

・水酸化カルシウム製剤

 

・タンニン・フッ化物剤配合ポリカルボキシレートセメント

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company