みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

レジンタグ

レジンタグの意味

レジンタグとは

 

図1

 

レジンタグとは、硬化したレジンの小突起(図1)のことで、酸処理後のエナメル質や象牙細管に現れます。

 

・硬化したレジンの小突起

 

・酸処理後のエナメル質、象牙質に出現

 

レジンタグの特徴

 

エナメル質では酸処理後、エナメル小柱構造に基づいた規則的な凹凸が形成されます。

 

レジンタグは、その凹凸構造の中に浸透したレジンです。

 

象牙質では酸処理後に拡大された象牙細管の中にレジンが浸透し、レジンタグが形成されます。

 

・エナメル小柱の凹凸に浸透

 

・拡大された象牙細管に浸透

 

 

 

参考文献

 

『保存修復学21 第四版』 永末書店


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company