みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

透明象牙質(トウメイゾウゲシツ)

透明象牙質(硬化象牙質)の意味

透明象牙質とは

 

透明象牙質は、象牙細管内に石灰化物が沈着し、細管が閉鎖されることによる生じます。

 

透明象牙質では、管間象牙質と細管との屈折率の差がなくなるため、透明に見えるようになります。

 

硬化象牙質と呼ばれることもあります。

 

・象牙細管が石灰化物で閉塞

 

・管間象牙質と細管との屈折率の差がなくなり透明に見える

 

・硬化象牙質(別名)

 

透明象牙質が生じる原因

 

透明象牙質は外来刺激に対する反応で生じるもので、具体的には咬耗や摩耗などが原因となります。

 

・咬耗

 

・摩耗

 

加齢による変化としては、生理的な原因から高齢者の根尖部象牙質に多く見られます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company