みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ケルビズム

ケルビズムの原因や症状

ケルビズムとは

 

ケルビズムとは、顎骨に発生する巨細胞肉芽腫です。

 

乳児期に初発し、下顎の無痛性、非対称性膨隆が特徴的な疾患です。

 

家族性で、女性に好発します。

 

・顎骨に発生する巨細胞肉芽腫

 

・乳児期に初発

 

・下顎の無痛性、非対称性膨隆

 

・家族性

 

・女性に好発

 

ケルビズムの症状

 

ケルビズムでは、骨膨隆が増大することで、天使様顔貌という特徴的な顔貌が現れるようになります。

 

ただし、骨膨隆は思春期を迎えるころに消退していきますので、天使様顔貌も正常なものへと戻っていきます。

 

・天使様顔貌

 

・骨膨隆は思春期頃に消失

 

ケルビズムの病理組織学的な特徴

 

ケルビズムでは、線維性結合組織中に多核巨細胞が不規則に散見されます。

 

そのため、脈瘤性骨嚢胞や巨細胞腫との鑑別が必要となります。

 

・線維性結合組織中に多核巨細胞が不規則に散見

 

・脈瘤性骨嚢胞や巨細胞腫との鑑別診断が必要

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company