みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ヘルパンギーナの原因と症状

ヘルパンギーナ(疱疹性アンギーナ)

ヘルパンギーナとは

 

ヘルパンギーナ(herpangina)は、ウイルスに感染することにより発症する疱疹性(ホウシンセイ)の病気です。

 

そのため、疱疹性アンギーナと呼ばれることもあり、水疱性の湿疹が現れるという特徴があります。

 

ヘルパンギーナは手足口病と類似した点が非常に多いです。

 

「手足口病とヘルパンギーナの違い」については、個別ページで詳しく解説しています。

 

ヘルパンギーナの原因

 

ヘルパンギーナの原因は、以下のウイルスへの感染です。

 

・コクサッキーウイルス(A1〜10)

 

・エンテロウイルス各種

 

コクサッキーウイルスに関しては、とりわけコクサッキーウイルスA4への感染が原因となることが多いです。

 

ちなみに、エンテロウイルスの「エンテロ」とは、腸管を意味する言葉です。

 

ヘルパンギーナの感染経路

 

ヘルパンギーナの感染経路は、次の通りです。

 

・飛沫感染

 

・接触感染

 

とりわけ、感染者の糞便には注意が必要となります。

 

糞便には、沢山のウイルスが含まれているのです。

 

ヘルパンギーナの症状

 

ヘルパンギーナは、夏から秋にかけて1〜4歳の幼児が感染しやすい傾向にあります。

 

口腔内の症状は、思い口腔後方部に現れます。

 

具体的な部位は、次の通りです。

 

・軟口蓋

 

・口蓋垂

 

・口蓋扁桃(左右対称な小水疱

 

この中で特徴的なのは、口蓋扁桃に現れる「左右対称な小水疱」です。

 

その他、ヘルパンギーナには、発熱や嚥下痛といった症状も現れます。

 

・発熱(38℃以上)

 

・嚥下痛

 

ヘルパンギーナの治療法

 

ヘルパンギーナの治療は、基本的に対症療法となります。

 

発熱には解熱薬を用い、痛みが酷ければ鎮痛薬などが処方されます。

 

4〜7日程度で粘膜症状は治癒しますので、あまり長引くことはありません。

 

ただし、感染者の便からは、2〜4週間ほど、ウイルスが排泄され続けますので注意が必要です。

 

感染者の便に触れるような機会があれば、ウイルスがうつる可能性があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company