みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

Ellisの分類(エリスノブンルイ)

Ellisの分類の意味と特徴

エリスの分類とは

 

エリスの分類とは、永久前歯の外傷に対する処置を分類したものです。

 

全部で8クラスに分類されます。

 

小児歯科領域で広く活用されている分類法です。

 

エリスの分類における外傷の状況と処置法

 

クラス1

 

単純な歯冠破折

 

処置

 

・形態修正または破損部の修復

 

クラス2

 

広範な歯冠破折(露髄なし)

 

処置

 

・覆髄ののち修復

 

・動揺があれば固定

 

クラス3

 

広範な歯冠破折(露髄あり)

 

処置

 

・感染の可能性が低い場合 ⇒ 直接覆髄または生活歯髄切断

 

・1ヶ月経過観察ののち修復

 

・動揺があれば固定

 

クラス4

 

歯髄死を起こしたもの

 

処置

 

・受傷直後の電気診は結果が不正確であるため、10日以上経過したのち判定

 

・歯内療法

 

クラス5

 

外傷による歯の喪失

 

処置

 

・保隙あるいは補綴処置

 

クラス6

 

歯根の破折

 

処置

 

・根尖側1/3以内の破折は固定して保存

 

・歯頚部付近での破折は抜歯(感染が疑われる)

 

クラス7

 

歯の転位

 

処置

 

・埋入 ⇒ 経過観察あるいは整復固定

 

・挺出 ⇒ 整復固定

 

・転位 ⇒ 整復固定

 

・完全脱臼 ⇒ 再植固定

 

クラス8

 

歯冠全体の破折

 

処置

 

・根管治療

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company