みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

クインケ浮腫

クインケ(Quincke)浮腫の特徴と症状

クインケ(Quincke)浮腫とは

 

クインケ浮腫とは、皮膚または粘膜に生じる限局性の浮腫性腫脹です。

 

浮腫は急激に生じ、数時間から数日以内に消失します。

 

血管神経性浮腫と呼ばれることもあります。

 

・皮膚または粘膜に生じる限局性の浮腫性腫脹

 

・浮腫は急激に生じる

 

・数時間から数日以内に消失

 

・血管神経性浮腫(別名)

 

クインケ浮腫の好発部位

 

顔面、手足、陰部に好発し、とくに顔面領域では眼瞼、頬、口唇に現れやすいです。

 

・顔面領域(眼瞼、頬、口唇)

 

・手足

 

・陰部

 

クインケ浮腫の原因

 

本質的には、じん麻疹と同じ機序で発生します。

 

・じん麻疹と同じ

 

遺伝性血管神経性浮腫との鑑別が必要

 

クインケ浮腫は、遺伝的にC1インヒビターの異常を伴う遺伝性血管神経性浮腫(HANE)という疾患との鑑別が必要です。

 

家族性に発症し、症状も強く、特に咽喉頭浮腫から呼吸困難をきたすのが特徴です。

 

クインケ浮腫の治療法

 

軽度であれば経過観察、あるいは抗ヒスタミン薬、抗プラスミン薬で治療を行います。

 

重症例では、副腎皮質ホルモン薬を投与します。

 

・軽度

 

経過観察、抗ヒスタミン薬、抗プラスミン薬

 

・重症例

 

副腎皮質ホルモン薬

 

HANEでは、気道確保とC1インヒビターの静脈内投与が必要になります。

 

 

クインケ浮腫 関連ページ

炎症の5徴候
咬筋肥大症の原因と治療法
シェーグレン症候群の原因と症状
シェーグレン症候群の診断基準と治療法
前癌病変(ゼンガンビョウヘン)
前癌状態(ゼンガンジョウタイ)
前癌病変と前癌状態の違い
紅板症の症状と治療法
臨床診断名と病理診断名の違い
唾液腺の炎症を伴う6疾患
巨細胞封入体症の原因と病理
手足口病の原因と症状
ヘルパンギーナの原因と症状
エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変
口腔がん〜発生率・好発年齢
口腔がんの原因
口腔がんの種類
TNM分類
口腔がんのステージ分類
エナメル上皮腫の原因と症状
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)
歯肉がんの症状と治療法
頬粘膜癌の症状と治療法
口唇癌の症状と治療法
口腔底癌の症状と治療法
硬口蓋癌の症状と治療法
白板症(ハクバンショウ)
智歯周囲炎(チシシュウイエン)〜Perico(ペリコ)
スタビライゼーションスプリント
ガマ腫(ラヌーラ)
静止性骨空洞(セイシセイコツクウドウ)
疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)
脈瘤性骨嚢胞(ミャクリュウセイコツノウホウ)
Ellisの分類(エリスノブンルイ)
Frey症候群(フライショウコウグン)
バーニングマウス症候群
含歯性嚢胞(ガンシセイノウホウ)
外骨症(ガイコツショウ)
鼻口蓋管嚢胞(ビコウガイカンノウホウ)
キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎)
懸垂縫合(ケンスイホウゴウ)
テトラサイクリン変色歯
オクルーザルスプリント
下顎孔伝達麻酔(カガクコウデンタツマスイ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company