みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

口腔底癌の症状と治療法

口腔底癌の症状と治療法

口腔底癌とは

 

口腔底癌とは、口腔底に発生する悪性腫瘍です。

 

全ての口腔癌の3〜5%を占める病気です。

 

欧米ではさらに発生率が高く、16〜20%となっています。

 

発生初期には、小潰瘍を伴う硬結が現れます。

 

・全口腔癌の3〜5%

 

・小潰瘍を伴う硬結を肉眼で確認

 

口腔底癌の好発年齢

 

口腔底癌は、30〜60歳代に好発し、男女比は3:1です。

 

30代などの若年者にも、比較的発症しやすい口腔癌です。

 

・30〜60歳代に好発

 

・男女比は3:1

 

・若年者も発症

 

口腔底癌の好発部位

 

口腔底癌は、舌との接合部の口腔底に好発します。

 

具体的には、小臼歯部以降の側方口底部に悪性腫瘍が発生します。

 

・小臼歯部以降の側方口底部に好発

 

口腔底癌の症状

 

口腔底癌は、発生初期に小潰瘍を伴う硬結が現れます。

 

外向性および浸潤性の潰瘍が形成され、増殖していきます。

 

舌や舌側歯肉唾液腺には早期に浸潤します。

 

また、リンパ節に転移する確率が高く、とりわけオトガイ下リンパ節、顎下リンパ節への転移が多いです。

 

・初期に小潰瘍を伴う硬結

 

・外向性および浸潤性の潰瘍

 

・早期の浸潤

 

・オトガイ下リンパ節、顎下リンパ節への転移

 

口腔底癌の組織像

 

口腔底癌は、やや低分化の扁平上皮癌が多く見られます。

 

その他、腺癌や中等度の分化癌なども見られます。

 

 

口腔底癌の治療法

 

口腔底癌には、放射線療法と外科療法が適用されます。

 

ただし、口腔底は耐容線量が低いため、放射線療法では軟組織が壊死しやすい傾向にあります。

 

ですので、骨浸潤を伴う口腔底癌にはあまり適用されず、表在性のケースに組織内照射が行われます。

 

外科療法は、口腔底全摘出と再建処置がスタンダードです。

 

・放射線療法(表在性への組織内照射)

 

・全摘出+再建処置

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company