みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯肉がんの症状と治療法

歯肉癌の症状や組織像

歯肉癌とは

 

歯肉癌(carcinoma of gingiva)とは、歯肉に発生する悪性腫瘍です。

 

口腔癌の中では、舌癌に次いで発生頻度が高い癌となっています。

 

・舌癌の次に多い

 

歯肉癌の好発年齢

 

歯肉癌は、50歳以上の男性に発生しやすい癌です。

 

顎骨中心性のものは比較的若年者に多いです。

 

・50歳以上の男性に好発

 

・顎骨中心性は若年者に多い

 

歯肉癌の好発部位

 

歯肉癌は、臼歯部歯肉に好発します。

 

とりわけ下顎臼歯部に発生しやすい傾向にあります。

 

・下顎臼歯部歯肉に好発

 

歯肉癌の症状

 

歯肉癌は骨浸潤性が高く、早期に顎骨を浸潤破壊します。

 

それに伴って、歯牙の動揺も見られますが、歯周病との確実な鑑別が必要になります。

 

下歯槽神経分布領域に病変が生じると、知覚鈍麻や感覚の麻痺といった症状が出ることもあります。

 

肉眼的には、歯肉に潰瘍が見られます。

 

下顎の場合、潰瘍は頬粘膜から口腔底、舌下部に波及していき、骨浸潤へと至ります。

 

・早期の顎骨浸潤

 

・歯牙の動揺(高度)

 

・知覚鈍磨や麻痺(下歯槽神経分布領域)

 

・歯肉組織に潰瘍

 

顎下リンパ節への転移

 

歯肉癌は発生部位に応じて、以下の割合で顎下リンパ節へ転移します。

 

・上顎歯肉癌 → 38%

 

・下顎歯肉癌 → 65%

 

歯肉癌の5年生存率

 

歯肉癌の5年生存率は以下の通りです。

 

上顎歯肉癌 → 23%

 

下顎歯肉癌 → 47%

 

明らかに上顎歯肉癌の生存率が低くなっています。

 

転移を起こしやすいのは下顎歯肉癌です。

 

歯肉癌の組織像

 

歯肉癌ではそのほとんどの症例で、中等度〜高分化型扁平上皮癌が認められます。

 

・中等度〜高分化型扁平上皮癌

 

エックス線では、骨の破壊吸収像が確認されます。

 

三日月型、すり鉢状、虫食い状、船底状といった様々な吸収像が見られます。

 

歯肉癌の治療法

 

歯肉癌では、次の3つの治療法を必要に応じて選択します。

 

・手術療法

 

・放射線療法

 

・化学療法

 

手術療法では、再建手術を伴います。

 

上顎歯肉癌では、これら3つを併用した治療が行われることが多いです。

 

 

歯肉がんの症状と治療法 関連ページ

炎症の5徴候
咬筋肥大症の原因と治療法
シェーグレン症候群の原因と症状
シェーグレン症候群の診断基準と治療法
前癌病変(ゼンガンビョウヘン)
前癌状態(ゼンガンジョウタイ)
前癌病変と前癌状態の違い
紅板症の症状と治療法
臨床診断名と病理診断名の違い
唾液腺の炎症を伴う6疾患
巨細胞封入体症の原因と病理
手足口病の原因と症状
ヘルパンギーナの原因と症状
エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変
口腔がん〜発生率・好発年齢
口腔がんの原因
口腔がんの種類
TNM分類
口腔がんのステージ分類
エナメル上皮腫の原因と症状
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)
頬粘膜癌の症状と治療法
口唇癌の症状と治療法
口腔底癌の症状と治療法
硬口蓋癌の症状と治療法
白板症(ハクバンショウ)
智歯周囲炎(チシシュウイエン)〜Perico(ペリコ)
スタビライゼーションスプリント
ガマ腫(ラヌーラ)
静止性骨空洞(セイシセイコツクウドウ)
疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)
脈瘤性骨嚢胞(ミャクリュウセイコツノウホウ)
Ellisの分類(エリスノブンルイ)
Frey症候群(フライショウコウグン)
バーニングマウス症候群
含歯性嚢胞(ガンシセイノウホウ)
外骨症(ガイコツショウ)
鼻口蓋管嚢胞(ビコウガイカンノウホウ)
キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company