みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯肉がんの症状と治療法

歯肉癌の症状や組織像

歯肉癌とは

 

歯肉癌(carcinoma of gingiva)とは、歯肉に発生する悪性腫瘍です。

 

口腔癌の中では、舌癌に次いで発生頻度が高い癌となっています。

 

・舌癌の次に多い

 

歯肉癌の好発年齢

 

歯肉癌は、50歳以上の男性に発生しやすい癌です。

 

顎骨中心性のものは比較的若年者に多いです。

 

・50歳以上の男性に好発

 

・顎骨中心性は若年者に多い

 

歯肉癌の好発部位

 

歯肉癌は、臼歯部歯肉に好発します。

 

とりわけ下顎臼歯部に発生しやすい傾向にあります。

 

・下顎臼歯部歯肉に好発

 

歯肉癌の症状

 

歯肉癌は骨浸潤性が高く、早期に顎骨を浸潤破壊します。

 

それに伴って、歯牙の動揺も見られますが、歯周病との確実な鑑別が必要になります。

 

下歯槽神経分布領域に病変が生じると、知覚鈍麻や感覚の麻痺といった症状が出ることもあります。

 

肉眼的には、歯肉に潰瘍が見られます。

 

下顎の場合、潰瘍は頬粘膜から口腔底、舌下部に波及していき、骨浸潤へと至ります。

 

・早期の顎骨浸潤

 

・歯牙の動揺(高度)

 

・知覚鈍磨や麻痺(下歯槽神経分布領域)

 

・歯肉組織に潰瘍

 

顎下リンパ節への転移

 

歯肉癌は発生部位に応じて、以下の割合で顎下リンパ節へ転移します。

 

・上顎歯肉癌 → 38%

 

・下顎歯肉癌 → 65%

 

歯肉癌の5年生存率

 

歯肉癌の5年生存率は以下の通りです。

 

上顎歯肉癌 → 23%

 

下顎歯肉癌 → 47%

 

明らかに上顎歯肉癌の生存率が低くなっています。

 

転移を起こしやすいのは下顎歯肉癌です。

 

歯肉癌の組織像

 

歯肉癌ではそのほとんどの症例で、中等度〜高分化型扁平上皮癌が認められます。

 

・中等度〜高分化型扁平上皮癌

 

エックス線では、骨の破壊吸収像が確認されます。

 

三日月型、すり鉢状、虫食い状、船底状といった様々な吸収像が見られます。

 

歯肉癌の治療法

 

歯肉癌では、次の3つの治療法を必要に応じて選択します。

 

・手術療法

 

・放射線療法

 

・化学療法

 

手術療法では、再建手術を伴います。

 

上顎歯肉癌では、これら3つを併用した治療が行われることが多いです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company