みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

口腔がんのステージ分類

口腔がんの病期分類と5年生存率

口腔がんの4つのステージ

 

口腔がんは、TNM分類を用いることで、次のような4つのステージに分けることができます。

 

臨床の現場では、このステージ分類で診療が進められていくことになります。

 

Stage T N M
T 1 0 0
U 2 0 0
V

1,2

 

3

1

 

0,1

0

 

0

WA

1,2,3

 

4a

2

 

0,1,2

0

 

0

WB

anyT

 

4b

3

 

anyN

0

 

0

WC anyT anyN 1

 

 

ステージT

 

ステージTは、原発腫瘍の最大径が2cm以下で、リンパ節転移のない症例です。

 

ステージU

 

ステージUは、原発腫瘍の最大径が2〜4cmで、頸部リンパ節転移のない症例です。

 

ステージV

 

ステージVは、原発腫瘍の最大径が2〜4cmで、同側リンパ節に最大径3cm以下の転移が見られる症例。

 

原発腫瘍の最大径が4cm以上の症例では、所属リンパ節転移が見られなくてもステージVに該当する。

 

ステージWA

 

ステージWAは、T1〜3の場合は、3〜6cmのリンパ節転移が見られた場合に該当する。

 

T4aの場合は、リンパ節手にが見られなくても該当する。

 

ステージWB

 

ステージWBは、最大径6cm以上のリンパ節転移が見られる場合、Tの状態関わらず該当する。

 

T4bの場合は、リンパ節転移の有無に関わらず該当する。

 

ステージWC

 

ステージWCは、原発腫瘍やリンパ節転移の有無や大きさに関わらず、遠隔転移が見られた時点で該当する。

 

ステージ別の5年生存率

 

口腔がんは、ステージT〜Uが早期がん、ステージV〜Wが進行がんとなっています。

 

それぞれのステージにおける5年生存率は以下の通りです。

 

ステージT

 

90%

 

ステージU

 

70%

 

ステージV

 

60%

 

ステージW

 

40%

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company