みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

口唇癌の症状と治療法

口唇癌の症状と治療法

口唇癌とは

 

口唇癌とは、口唇にできる悪性腫瘍です。

 

日本人には少ない病気で、欧米では好発しています。

 

発生部位が口唇だけに、早期発見が容易で、腫瘍の発育も緩慢であるため、口腔癌の中では予後が最も良好といえます。

 

また、口腔癌の中では最も発生頻度が低く、口腔癌全体の1〜2%に留まります。

 

・日本人に少ない

 

・腫瘍の発育が緩慢

 

・口腔癌全体の1〜2%

 

口唇癌の好発年齢

 

口唇癌は、50〜70歳代の男性に好発します。

 

男女比は14:1となっていますので、その差は明らかですね。

 

・50〜70歳代の男性

 

・男女比14:1

 

口唇癌の好発部位

 

口唇癌の発生率は、上口唇と下口唇とで以下のような違いがあります。

 

・上口唇 → 10〜20%

 

・下口唇 → 80〜90%

 

上下の口唇とも、左側に腫瘍が発生する傾向が強いです。

 

口唇癌の症状

 

口唇癌は、発生初期から硬結が認められ、乳頭状あるいは疣贅性を呈し、進行していくにつれ潰瘍形成を伴います。

 

腫瘍の発育は緩慢で、その他の組織に転移することも稀です。

 

・類円形の小硬結

 

・潰瘍形成

 

・転移は稀

 

ただ、上口唇の腫瘍は転移しやすく、転移率は48%にも達します。

 

下口唇の転移率は14%です。

 

転移率

 

・上口唇 → 48%

 

・下口唇 → 14%

 

上口唇の発生率が高いのは、下口唇と比べて癌の発育が早いからです。

 

口唇癌の組織像

 

口唇癌では、高分化型扁平上皮癌が確認されます。

 

悪性度は低く、転移率も口腔癌の中では最も低いです。

 

・高分化型扁平上皮癌

 

口唇癌の治療法

 

口唇癌の治療は、以下のような外科的切除です。

 

・Abbe-Estlander法

 

・Benard法

 

早期発見がしやすいだけではなく、低悪性度で、治療における病変部へのアプローチが容易なため、口腔癌中最も予後が良好となっています。

 

・早期発見が容易

 

・低悪性度

 

・アプローチが容易

 

・口腔癌中で最も予後が良好

 

 

口唇癌の症状と治療法 関連ページ

炎症の5徴候
咬筋肥大症の原因と治療法
シェーグレン症候群の原因と症状
シェーグレン症候群の診断基準と治療法
前癌病変(ゼンガンビョウヘン)
前癌状態(ゼンガンジョウタイ)
前癌病変と前癌状態の違い
紅板症の症状と治療法
臨床診断名と病理診断名の違い
唾液腺の炎症を伴う6疾患
巨細胞封入体症の原因と病理
手足口病の原因と症状
ヘルパンギーナの原因と症状
エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変
口腔がん〜発生率・好発年齢
口腔がんの原因
口腔がんの種類
TNM分類
口腔がんのステージ分類
エナメル上皮腫の原因と症状
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)
歯肉がんの症状と治療法
頬粘膜癌の症状と治療法
口腔底癌の症状と治療法
硬口蓋癌の症状と治療法
白板症(ハクバンショウ)
智歯周囲炎(チシシュウイエン)〜Perico(ペリコ)
スタビライゼーションスプリント
ガマ腫(ラヌーラ)
静止性骨空洞(セイシセイコツクウドウ)
疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)
脈瘤性骨嚢胞(ミャクリュウセイコツノウホウ)
Ellisの分類(エリスノブンルイ)
Frey症候群(フライショウコウグン)
バーニングマウス症候群
含歯性嚢胞(ガンシセイノウホウ)
外骨症(ガイコツショウ)
鼻口蓋管嚢胞(ビコウガイカンノウホウ)
キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company