みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎)

キュットナー腫瘍の意味と特徴

キュットナー腫瘍とは

 

キュットナー腫瘍とは、唾液腺炎の中でも線維性組織の増生が著しく、腺体部が硬い腫瘤状病変を指します。

 

病変は片側性とされていますが、両側性に現れるケースもあります。

 

そんなキュットナー腫瘍は、キュットナー病や慢性硬化性顎下腺炎と呼ばれることもあります。

 

・線維性組織の増生が著しく、腺体部が硬い腫瘤状を呈した唾液腺炎

 

・片側性(稀に両側性)

 

・キュットナー病、慢性硬化性顎下腺炎(別名)

 

キュットナー腫瘍の臨床像

 

臨床的には、無痛性の硬い腫瘤として現れます。

 

・無痛性の硬い腫瘤

 

キュットナー腫瘍の特徴

 

一般的にはキュットナー腫瘍と呼ばれていますが、真の腫瘍ではなく、慢性炎症のために線維性結合組織が増生した病変です。

 

若い男性に好発し、その多くは唾石による唾液の排出障害が引き起こす非特異的な慢性炎症の終末像といえます。

 

・真の腫瘍ではない

 

・線維性結合組織が増生した病変

 

・若い男性に好発

 

・唾石による唾液の排出障害が引き起こす非特異的な慢性炎症

 

キュットナー腫瘍の原因

 

キュットナー腫瘍の原因は、特殊な感染や薬剤の影響、自己免疫疾患的な機序やIgG4に関連した特発性硬化性病変と考えられています。

 

・特殊な感染や薬剤の影響

 

・自己免疫疾患的な機序やIgG4が関連

 

キュットナー腫瘍の病理組織学像

 

病理組織学的には、高度に萎縮した腺房が認められます。

 

膠原繊維を主体とした線維性結合組織に置換され、残存した導管は拡張し、周囲には硝子様変性やリンパ球・形質細胞を主体とした炎症性細胞浸潤が認められます。

 

・高度に萎縮した腺房

 

・膠原繊維を主体とした線維性結合組織に置換

 

・残存した導管は拡張

 

・病変周囲には硝子様変性やリンパ球・形質細胞を主体とした炎症性細胞浸潤

 

 

キュットナー腫瘍(慢性硬化性顎下腺炎) 関連ページ

炎症の5徴候
咬筋肥大症の原因と治療法
シェーグレン症候群の原因と症状
シェーグレン症候群の診断基準と治療法
前癌病変(ゼンガンビョウヘン)
前癌状態(ゼンガンジョウタイ)
前癌病変と前癌状態の違い
紅板症の症状と治療法
臨床診断名と病理診断名の違い
唾液腺の炎症を伴う6疾患
巨細胞封入体症の原因と病理
手足口病の原因と症状
ヘルパンギーナの原因と症状
エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変
口腔がん〜発生率・好発年齢
口腔がんの原因
口腔がんの種類
TNM分類
口腔がんのステージ分類
エナメル上皮腫の原因と症状
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)
歯肉がんの症状と治療法
頬粘膜癌の症状と治療法
口唇癌の症状と治療法
口腔底癌の症状と治療法
硬口蓋癌の症状と治療法
白板症(ハクバンショウ)
智歯周囲炎(チシシュウイエン)〜Perico(ペリコ)
スタビライゼーションスプリント
ガマ腫(ラヌーラ)
静止性骨空洞(セイシセイコツクウドウ)
疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)
脈瘤性骨嚢胞(ミャクリュウセイコツノウホウ)
Ellisの分類(エリスノブンルイ)
Frey症候群(フライショウコウグン)
バーニングマウス症候群
含歯性嚢胞(ガンシセイノウホウ)
外骨症(ガイコツショウ)
鼻口蓋管嚢胞(ビコウガイカンノウホウ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company