みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

炎症の5徴候

炎症の5徴候

細菌やウイルスに感染したり、打撲や捻挫などの外傷を受けると、体に炎症反応が起こります。

 

その指標となるのが、「炎症の5徴候」です。

 

次の5つが見られたら、炎症が起きていると判断しましょう。

 

1.発赤

 

2.発熱

 

3.腫脹

 

4.疼痛

 

5.機能障害

 

炎症の5徴候が生じるメカニズム

 

 

では、この5徴候がどういった流れで生じるのか、急性炎症を例に挙げて考えてみましょう。

 

体のある部分に、何らかの刺激が加わると、その周辺に分布している毛細血管が拡張します。

 

毛細血管が広がるということは、炎症を起こしている組織周囲の血流が増加することになります。

 

これによって、皮膚なり粘膜が発赤し、熱感(発熱)を生じさせるのです。

 

続いて、血管の拡張により、血液の成分が一部、周囲の組織へと滲み出ていきます。

 

すると、それらの組織に液体が溜まり、浮腫が起こります。

 

これが腫脹の原因です。

 

浮腫が起こっている組織はブヨブヨに腫れていますから、局所的な圧迫も生じています。

 

ここで、痛みを引き起こす化学伝達物質が放出され、痛み受容体を刺激し、疼痛を生み出すのです。

 

炎症が生じている組織は、言わば破壊されている状態ですから、体はそれを修復しようと働きかけます。

 

その間、組織は正常に働くことができず、機能障害を引き起こすこととなります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company