みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

タウロドント(タウロドンティズム)

タウロドントの意味

タウロドントとは

 

タウロドント(taurodont)とは、歯冠歯髄腔が長軸方向に極端に長い歯で、相対的に歯根が短くなるため、長胴歯とも呼ばれています。

 

ですのでタウロドント歯は、根尖部だけ離開した、とても歪な形態をしています。

 

・歯冠歯髄腔が長軸方向に長い歯

 

・根尖部だけ離開

 

タウロドント歯の特徴

 

タウロドント歯の好発部位は、下顎第一乳臼歯で、その他第二乳臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯にも発生することがあります。

 

・下顎第一乳臼歯(最多)

 

・第二乳臼歯

 

・第一大臼歯

 

・第二大臼歯

 

タウロドントの名前の由来

 

タウロドントを直訳すると「牝牛」です。

 

ですのでタウロドントの名前の由来は、反芻動物や有蹄類に見られる歯の形態にあるといえます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company