みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯根端切除術(シコンタンセツジョジュツ)

歯根端切除術の適応症と禁忌症

歯根端切除術とは

 

歯根端切除術とは、外科的歯内療法の一種です。

 

根尖部の病変を根尖と一緒にまとめて除去する治療法です。

 

・外科的j歯内療法の一種

 

・根尖部病変を根尖と一緒に除去

 

歯根端切除術の手順

 

具体的には、根尖部の歯槽骨を開削し、露出した病変部を掻把します。

 

同時に、歯根の先端を除去し、背後にある病的組織も一掃します。

 

・根尖部の歯槽骨を開削

 

・露出した病変部を掻把

 

・歯根の先端を除去

 

・背後にある病的組織を一掃

 

歯根端切除術の適応症

 

歯根端切除術は、根管が閉塞しているために、根管を介した治療が行えない歯に対して適応されます。

 

それから、歯冠の補綴装置を除去したくない患者に対して、歯冠からのアプローチではなく、根尖からのアプローチを必要とする際に適応されます。

 

その他、経過不良な根尖病変にも適応されることがあります。

 

・根管が閉塞している症例

 

・歯冠の補綴装置の除去を望まない症例

 

・経過不良な根尖病変がある症例

 

歯根端切除術の禁忌症

 

歯根端切除術の禁忌症は以下の通りです。

 

・歯根が短い歯

 

・歯槽骨の吸収が著しい辺縁性歯周炎

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company