みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

水酸化カルシウム製剤の貼薬方法

貼薬の手順〜水酸化カルシウム製剤

水酸化カルシウム製剤の貼薬手順

 

水酸化カルシウム製剤(図1)は、次のような手順で貼薬を行います。

 

図1/図2/図3

 

薬剤の練和

 

ガラス練板上で、水酸化カルシウムを滅菌精製水または滅菌生理食塩液でペースト状に練和する(図2)。

 

根管内に挿入

 

レンツロに水酸化カルシウムのペーストを付けて、低速コントラで根管内に挿入する(図3)。または、リーマーやファイルにペーストを付けて根管内に挿入し、逆回転させながら取り出す(図4)。

 

図4/図5/図6

 

余剰水分を除去

 

水酸化カルシウムのペーストを確実に根管内に貼薬した後、小綿球で余剰な水分を除去し、髄室癖に付着したペーストを取り除く。

 

仮封

 

仮封を確実に行う。

 

作用時間

 

貼薬は1週間から1ヶ月間で十分な効果が得られるといわれている

 

仮封剤および貼薬剤の除去

 

次回、来院時に仮封剤を除去した後、水酸化カルシウムを根管から取り除く。

 

 

臨床の現場では、シリンジの中に水酸化カルシウム製剤が填入された「カルシペックスU(図5、6)やビタペックス、カルキルなどが使用されています。

 

参考文献

 

『エンドドンティクス第3版』 永末書店

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company