みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯髄電気診

歯髄電気診特徴と使用方法

歯髄電気診とは

 

歯髄電気診とは、歯に微弱な電流を流し、その反応で歯髄の生死を鑑別する検査法です。

 

・歯に電流を流して歯髄の生死を鑑別する検査

 

生活歯では通電によって痛みが起こるが、歯髄が壊死した歯では痛みが起こりません。

 

ただし、歯髄電気診で歯髄の病態を正確に診断することはできません。

 

あくまで、生活しているか否かの診断のみにとどまります。

 

・歯髄が壊死した歯では痛みが起こらない

 

・歯髄の病態を正確に診断することは不可能

 

・生活しているか否かの診断しかできない

 

それぞれの病態における閾値の変化

 

歯髄充血では閾値が下がり、急性単純性歯髄炎ではさらに閾値が低下します。

 

慢性歯髄炎では、閾値がやや上がり、急性化膿性歯髄炎や急性壊疽性歯髄炎では明らかに上昇します。

 

・歯髄充血 → 閾値が下がる

 

・急性単純性歯髄炎 → 閾値が大きく下がる

 

・慢性歯髄炎 → 閾値がやや上がる

 

・急性化膿性歯髄炎、急性壊疽性歯髄炎 → 閾値が大きく上がる

 

歯髄電気診の施術方法

 

前歯は唇側面、臼歯は頬側面の各切縁(咬頭)側1/3の健全エナメル質に電極を接触させ、歯肉や隣在はへの電流のリークを防止します。

 

電極をあてる部位

 

・前歯 → 唇側面

 

・臼歯 → 頬側面

 

患歯と同歯種の健全歯を対照として、両者の値を比較します。

 

根未完成歯や外傷では、生活歯であっても歯髄電気診に反応しないことがあるため、注意が必要です。

 

 

歯髄電気診 関連ページ

アペキソゲネーシスとアペキシフィケーション
歯髄疾患(13)
根尖性歯周炎の原因
根尖性歯周炎の分類
急性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
急性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
歯根肉芽腫の原因と症状
歯根嚢胞の原因と症状
フェニックス膿瘍の原因と症状
ストッピング
根管貼薬剤(コンカンチョウヤクザイ)
タウロドント(タウロドンティズム)
根管充填に使用する器具
水酸化カルシウム製剤(根管貼薬剤)
水酸化カルシウム製剤の貼薬方法
根管洗浄剤〜根管の化学的清掃
セメント象牙境(セメントゾウゲキョウ)
生理学的根尖孔(セイリガクテキコンセンコウ)
不顕性露髄(フケンセイロズイ)
ホルムクレゾール(FC)
幻歯痛(ゲンシツウ)
コロナルリーケージ
外歯瘻(ガイシロウ)
根管長測定法(コンカンチョウソクテイホウ)
咬頭被覆(コウトウヒフク)
オーバーインスツルメンテーション
開口器(カイコウキ)
EMR(電気的根管長測定法)
根管通過法(コンカンツウカホウ)
アピカルジップ
歯根端切除術(シコンタンセツジョジュツ)
間接抜髄(カンセツバツズイ)
フレアーアップ
フレアー形成
フェリアーのセパレーター
アピカルシート・アピカルストップ
髄室(ズイシツ)
間接覆髄法(カンセツフクズイホウ)
意図的再植(イトテキサイショク)
歯髄鎮痛消炎剤
タグバック
歯痛錯誤(シツウサクゴ)
マセランキット
待機的診断法
歯髄息肉(歯髄ポリープ)
慢性開放性歯髄炎
MTAセメント
直接覆髄(チョクセツフクズイ)
仮性露髄・不顕性露髄
歯髄振盪(シズイシントウ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company